社会課題を解決するデザインを考える ~「ソーシャルデザイン」思考〈村田智明氏による DESIGN THINKING 連続セミナー③〉

Description

「リエゾンセンター・ライブラリー」は、東京ミッドタウン・デザインハブ内にオープンした不定期のデザインライブラリー。

今回のリエゾンセンター・ライブラリーのブックイベントはオンライン。
デザイナー・村田智明氏を講師に、著作から「DESIGN THINKING」を改めて学ぶ全3回の連続講座です。


<村田智明氏による DESIGN THINKING 3回連続セミナー>
「『DESIGN』の意味を取り違えた日本」


第3回;
社会課題を解決するデザインを考える~「ソーシャルデザイン」思考
2020年9月2日(水) 20:00-22:00 zoom開場 19:50-



参考書籍:
『ソーシャルデザインの教科書』 生産性出版

東京と大阪で開催された4年間のソーシャルデザインカンファレンスでは、延べ60人の登壇者がそれぞれのソーシャルデザインの実践について語りました。それをBefore、Afterの視点で事業プランをピクトグラム化したのが「ソーシャルデザインの教科書」です。

3回目は、この本を題材に「ソーシャルデザイン」の視点で「DESIGN」を考えます。

デザインが地球や社会に対して正しい視点でなければ、その事業はサステナブルな営みを続けることはできないでしょう。
資源問題、健康問題、自然災害、震災復興、地域格差、環境問題、所得格差、IT格差、教育問題など社会課題を解決するソーシャルデザインの実践によって、自分もまた生かされていくというCSVの観点で考えていきます。


【講師】

村田 智明 氏(むらた ちあき)

株式会社ハーズ実験デザイン研究所 / METAPHYS 代表取締役

大阪市立大学工学部応用物理学科卒。1986年同社設立。

デザイン思考から企画開発をサポートするデザインシンクタンクとして知られ、提唱するS.S.F.B法や感性価値ヘキサゴングラフなどが広く活用されている。プロダクトを中心に、Gマーク金賞、DFAグランプリ、RED DOT BEST OF BEST、iF DESIGN AWARD GOLDなどを始め国内外のデザインアワードで160以上を受賞。Microsoft「Xbox360」を始めとする世界記録を達成したデザインで、Newsweekの「世界が注目する日本の中小企業100社」に選定される。

自ら運営するMETAPHYSは、「行為のデザイン」に基づいて開発から販売までを実践。また、感性価値創造ミュージアムや東京都美術館新伝統工芸プロデュース事業、越前のiiza、鳥取のなんぶ里山デザイン大学、新潟の百年物語やデザインラボ、奈良県産材のTEUDなど、地域振興にも多く携わる傍ら、eco products design competition 2007~2010、 social design conference 2011~2015の開催を通じて、社会性を持ったデザインの啓蒙に尽力している。

著書『ソーシャルデザインの教科書』、『問題解決に効く行為のデザイン思考法』、『感性ポテンシャル思考法』、『「バグトリデザイン」事例に学ぶ「行為のデザイン」思考』。


【参加費】無料

【対象】「DESIGN」に興味のあるすべての方々、「DESIGN」には興味がないすべての方々

【協賛】朝日新聞出版/生産性出版/アップルシードエージェンシー株式会社/株式会社ハーズ実験デザイン研究所

【その他の講座の申込はコチラから】
 第1回 「バグトリデザイン」発刊記念講演行為をデザインすることで適正解を考える~「行為のデザイン」思考
 第2回 人によっては0にも100にもなりえる感性を考える ~「感性ポテンシャル」思考



Wed Sep 2, 2020
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加申込み(無料)
Organizer
東京ミッドタウンデザイン部
3,023 Followers

[PR] Recommended information